お店の広告塔である看板にもたくさん種類があった

レディー

用途と設置場所

広告

お店にとって重要な宣伝にも繋がる看板にはたくさんの種類があります。まず、ビルや高い建物の屋上に出ている看板のことを屋上広告看板といいます。サイズも大きくて高い場所に設置されているため、遠くからでもよく見ることができます。ネオンやスポットライトを使うことで暗い夜にもアピールすることが可能です。こういった看板は大型ショッピングセンターでもよく使われています。道路の近くに設置されていることが多いのがポール看板です。店舗や施設の名称や案内を表示するのにも使われています。この看板も、スポットライトが使われたり行燈のように看板の内側が光ることで夜間にも活躍します。自立看板という物もあります。こちらは、ビルの入り口で使われることもあります。ビルにどんな会社が入っているか記載されていて便利です。壁面看板は建物の壁面を使ったものです。こちらもかなり目につく看板です。サイズは様々で大型のものもたくさんあります。建物の壁面から突出している看板を袖看板とも言います。これは壁から飛び出ているため歩いている人から見つけやすくなっています。小さいお店などでもよく使われている看板です。レストランで多いのがスタンド型の看板です。これは入り口付近に置かれることが多く、歩行者が店内に入らずともメニューを見ることができます。折りたたむことができるタイプもあるので、移動や収納に困りません。また、他の大型の看板と比べると安い値段で作ることができます。

目立つための策

旗

のぼり旗はお店にとって大事な広告の一つです。目立つのぼり旗を作ることで強い宣伝効果が期待できます。周辺の環境に合わせて色を変えたり、遠くからでも解るように短く大きな文字で書くなど工夫が必要です。

詳しくはこちら

貰って嬉しい物

グッズ

ノベルティとは、会社が宣伝のために配る記念品や販促物です。どこで配布をするのか考えながらノベルティグッズを選びましょう。持ち運びしやすいペンや付箋、手提げ袋なども人気が高いです。

詳しくはこちら

信用できる会社選び

広告

ダイレクトメールの発送を頼みたい場合は、価格の安さだけで代行会社を選んではいけません。発送以外の費用をトータルすると高いという場合もあります。また、速さが強みの会社や発送エリアが広い会社といった様々な強みがあるのでよく選びましょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 お店の広告塔である看板にもたくさん種類があった All Rights Reserved.